高槻市の
未来のために

市来ハヤト

はじめまして、市来 ハヤト です。20歳で初めて選挙に関わってから約12年。
大学卒業後に衆議院議員秘書、大阪府議会議員秘書として、生まれ育ったまち「高槻」に関わるようになり、気づいたことがたくさんありました。教育問題やコミュニティの衰退問題、そして、なにより将来世代に責任を先送りし続けている無責任な政治を目の当たりにし、高槻市の未来、日本の将来に危機感を感じるようになりました。

そこに発生した東日本大震災。未曾有の事態には政治が機能しないことを身をもって痛感し、政治への危機感がさらに強くなりました。一方で、ボランティアで被災地を訪れた際に、互いに協力して運営している避難所と救援物資の奪い合いをしている避難所があることに気づきました。地元の方から“もともと隣近所の顔が見えている関係かどうかの差”だと教えていただき、いざという時に一番頼りになるのは“地域のつながり”ということを強く意識するようになりました。

地域のつながりはもちろん、政治もまちづくりもひとりでつくれるものではありません。 ひとりひとりが関わりながらつくるものです。どうすれば良くなるのかを真剣に考え、その実現に向けて、僕たち世代ももっと関わらなければいけないと考えています。

ボランティアから自衛隊へ2011.3.11東日本大震災の発生を受け、支援物資としてトイレットペーパー10,000個を集める「10000ロールプロジェクト」活動をスタート。地元の仲間たちと高槻市内のお宅を一軒一軒をご訪問しトイレットペーパーを集めてまわり、被災地や各自治体の避難所にお届けしました。
また、福島県に行った際に、被災地での自衛隊の活躍に感銘を受け、予備自衛官になることを決意。現在も定期的に招集訓練に参加しています。

Fellows災害対策チーム
▷https://ameblo.jp/10000toiletppr

予備自衛官制度
▷http://www.mod.go.jp/gsdf/reserve/
神輿で地域の繋がりを守る毎年8月に、高槻市の「津之江北町」で開催している小さな夏祭りです。42年前に祖父が立ち上げて以来、沢山の方に支えていただき、毎年開催しています。
現在は、私が夏祭り振興会の会長を拝命し、若手担ぎ手の育成や町内外問わずお祭りに関われる仕組みづくり等を行なっています。神輿を通じて世代を超えた繋がりが続くようみんなで頑張って担ぎ続けます。

津之江北町夏祭りインスタグラム
https://www.instagram.com/tsunoekitamachi/
議員秘書として現場で学ぶ議員は「○○先生」と呼ばれてはいけない。
地元の方があってこその議員であり、「先生」という言葉は有権者の皆さまに当てはまると感じています。実際、池下卓事務所には様々なご相談や陳情事が寄せられており、そこから学びや政策につながることが圧倒的に多いです。現場で学ばせていただいたことを踏まえ、様々な世代が政治に関わるきっかけをもっと作りたいと考えています。

大阪府議会議員 池下卓 HP
▷https://iketaku.jp

いけたくチャンネル
▷https://www.youtube.com/user/ikeshitataku

市来ハヤト
Hayato Ichiki

Profile

1987年1月11日 高槻生まれ、高槻育ち。32歳。
津之江さくら保育園→津之江小学校→川西中学校→三島高校→関西外国大学
大学卒業後、国会議員秘書を経て、高槻初コワーキングスペースの運営やNPOとの人財育成事業等に関わる。
その後、大阪府議会議員池下卓事務所にて議員秘書として従事。H31.4.21高槻市議会議員選挙にて8305票のご信託をいただき初当選。令和元年より市議会議員としての活動スタート。

Member

  • 大阪維新の会 高槻市議会議員
  • 日本維新の会高槻支部 副幹事長
  • 大阪府議会議員 池下卓 元秘書
  • 陸上自衛隊予備自衛官捕

市来ハヤト

インスタグラム

    市来ハヤトへの質問・支援はこちらから